本日 70 人 - 昨日 195 人 - 累計 171930 人 サイトマップ
RSS

よさこい津軽

2014年06月30日
第15回よさこい津軽から帰函致しました。

あいにくの大雨でしたが、演舞することが出来、
大満足!!でした。
雨の中でも暖かいご声援や、手拍子などを
惜しみなく送って下さった観客の皆様に後押しされ
演舞することが出来ました。
本当にありがとうございました。

お昼ぐらいに一時晴れたか?!と思う場面も
あったんですが・・・午後からのゲリラ豪雨的な
降り方は尋常じゃなかったです^^;

さすがに大旗の共演、大乱舞は中止になってしまい
残念でしたがこの楽しみはまた次回に保留です^^

今回のよさつがではひろめ舟まつりに続き2回目の
作品披露の場でもありました。
これからがYOSAKOIシーズン到来です。
今年もまた一回でも多く躍ることが出来ますように・・・。
そして1人でも多くの皆様に見て頂き感動して頂けますように・・・。

今後ともよろしくお願い致します!


いざ!弘前へ!!

2014年06月25日
今週ぐらいからやっと夏らしいひびが
続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

先々週、ひろめ舟まつりでの初披露を終え、
更に強化しなければならない部分や
「もっとこうしたほうがいい!」などと
意見交換をしながら、今年度初の遠征
「よさこい津軽」にお邪魔します。
この時期、本当に海の波も穏やかで
お天気も良くてよさこい日和になることが多く
お天気に恵まれるだけでも「いゃ~来て良かった!!」と
なりますよね^^

よさこい津軽、6月29日開催です。
是非ともおいでくださいませ。

大乱舞では??恒例の???(^m^)
お楽しみに!!!

ひろめ舟まつり!!

2014年06月14日
本日、旧南茅部町で開催されました「ひろめ舟まつり」に
参加させて頂きました。
函館市近郊の町村が函館市と合併し10年を記念しての
YOSAKOIソーラン演舞とのことでした。
もう10年も経つんですね!!

共演は元祖婆ぁのよさこいさん、函館学生連合~息吹~さん、
輪踊り舞遊さんとの共演でした。

婆ぁさんとはお久しぶりの共演!!
相変わらずかわいらしくて、パワフルな演舞でした。

息吹さんとは移動も一緒^^控え室もお隣^^
帰りも一緒に帰って来ました。
終始元気いっぱいの息吹さん!!こちらも元気な演舞でした。

地元南茅部で活動している輪踊り舞遊さんも地元での披露ということで
ステキな衣装に身を包み満面の笑顔で踊っていました。


そして、私たち函館躍魂いさり火は。
本当に沢山の皆様に支えられていることを実感しました。
お天気もあまりぱっと優れない中、市内から1時間ほどかかる
南茅部までいさり火の初披露を応援に来て下さった
皆様、本当に本当にありがとうございました。
演舞が終わって、客席の方がはけるとあちらにもこちらにも
知った笑顔。
ついんくるさん、柳苑謳歌さん、またいさり火で一緒に躍っていた
かつての仲間の皆さん。本当に本当にありがとうございます。
YOSAKOIを通して知り合うことが出来た仲間の笑顔は
ドキドキした初披露のあとにはホッと安心させてくれました。


また何よりも、私たちの演舞を心待ちにして下さった観客の皆様。
沿道を歩くたびに「良かったよ!」「かっこ良かったよ!」
「また来年も来てよ!」とお声をかけて下さり本当に
ありがとうございました。

やっと皆様の前で、躍ることが出来ました。
躍れる場所があることに今年ほど感謝した年はないかも知れません。
これからもこの思いを忘れずに、いさり火の魂の演舞を1人でも多くの皆様にご覧頂きたいと思っていますのでどうかよろしくお願い致します。

今日は幸せいっぱいの一日でした。
関係者の皆様、観客の皆様、本当にありがとうございました!!

YOSAKOIソーラン祭りを終えて。

2014年06月09日
第23回YOSAKOIソーラン祭り、今年も閉幕しました。

今回は「見る側」としての参加をさせて頂きました。


土曜日も、日曜日もこの上なく足がパンパンになるぐらい

歩きいろんなチームさんの演舞を拝見させて頂きました。


率直に申し上げます。

何度、涙腺が緩んだことか・・・。

一生懸命演舞することは本当に心が打たれます。

もちろん一生懸命やらないチームなんてない。

どのチームも4分半のためにどれだけの時間を費やしてきたことか。

そしてこの作品をこれからどれだけ愛して活動して行くのか。

本当に身に沁みました。


そして自分たち「函館躍魂いさり火」はどうあるべきなのか。

本当に思い知らされました。

ここ数日のHPのアクセス数に驚き、訪問頂いた皆様には

心から感謝申し上げます。


皆様には多大なるご心配をおかけし本当に申し訳ありませんでした。

しかしながら、今このYOSAKOIソーラン祭りを拝見させて頂き

私は心の底から「いさり火でありたい」と湧き上がるものを

感じました。

私たちいさり火は、ここからが勝負です。

今こそ再び土台を築き「これぞいさり火!」と言って頂ける様な

演舞、活動を目指し精進して行きたいと思っております。



今後とも函館躍魂いさり火を、どうぞよろしくお願い致します。



YOSAKOIソーラン祭りに参加された皆様、関係者の皆様。

本当に本当にお疲れ様でした。